忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FJネクストは勧誘電話がしつこいと評判が悪い。FJネクストの現状は一言でいえば悪い意味で「やばい」。胸に渦巻いた感情は嫌悪である。FJネクスト勧誘電話に意味があったとしても、それはきっと世界にとって、FJネクスト以外の全てのものにとって唾棄すべき邪悪なものである。FJネクストの迷惑勧誘電話や住環境破壊に対して無辜の人々は嘆きの声を張り上げる。消費者や住民は労苦と辛酸を強いた相手に無心でいられるほど生に飽きていない。まずは現場から噴出する悲鳴に耳を傾けよう。腐敗の原点はそこにある。

FJネクスト問題の闇の核心はなお見えてこない。しかし、林田力『FJネクスト迷惑電話』(Amazon Kindle)を読み直すうち、明らかに声が聞こえてきた。呻く様な声が。誰かが泣いている。彼ないし彼女らの想いは誰に届くこともなく葬られてしまっていいのか。FJネクスト問題を他人事と捉えるのではなく、「なぜ、こうなったのか」をよく考え、同じ轍を踏まないよう、他山の石とすることが重要である。試されているものは日本の正義である。

FJネクストの悪が尽きぬ限り、FJネクストの根本が変わらない限り、その歴史は幾度でも繰り返す。迷惑勧誘電話や住環境破壊のFJネクストに対しては、グランド・ガーラ門前仲町などに対する不買運動を展開することも有効な対抗手段の一つである。そのようにして悪の資金源を断つことによって、社会を浄化する役目を果たすことができる。

マンション投資は砂上の楼閣の天頂に立つことにも等しい。マンション投資の怖さを具体的な計算例で知っておこう。マンション投資の勧誘電話の口車に乗るとミゼラブル(哀れ)な現実がやってくる。一つ投資用マンションを売りつければ、また一つと次々販売する。迷惑勧誘電話営業の欲望に際限はない。およそ悪徳業者であっても彼らには彼らなりの美学があり誇りがある。しかし、投資用マンション販売業者にはそれがない。手段を選ばなくなった時点で同業者からも同胞とは思われなくなる。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/shitsukoi.html
マンション投資の迷惑勧誘電話被害が一向に減る気配を見せない。最大の要因は不動産業者の手口が巧妙化していることにある。取引先を装うなど、勧誘電話の手口が年を追うごとに巧妙になっている。自分には無関係と思っている貴方。マンション投資で幸せな老後を送ることができると本当に言い切れるか。マンション投資破産者は「自業自得」と冷たく扱われることが多いが、押し売り的な迷惑勧誘電話の実態を知っても、そのように言い切れるか。

PR
忍者ブログ [PR]

material by: