忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28

迷惑勧誘電話のFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd.)のグランド・ガーラ門前仲町(東京都江東区福住)は買ってはいけない。グランド・ガーラ門前仲町不買運動を進めよう(林田力『FJネクスト迷惑電話』「グランド・ガーラ門前仲町」)。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/monzen.html
グランド・ガーラ門前仲町は2015年9月に販売を開始した。販売価格は2,690万円から3,380万円である。最多販売価格帯は2,800万円台である。計画名は(仮称)ガーラ深川福住である(林田力『東急不動産だまし売り裁判46FJネクスト不買』「ブランズ市川レフィールとFJネクスト」)。

9月に入り、天候も気分ももうすっかり秋になった。食欲の秋、読書の秋、行楽の秋、芸術の秋。FJネクスト不買運動の秋でもある。FJネクストに対して憤懣やる方ない思いの人々がいる。FJネクストは何故、迷惑勧誘電話を繰り返せるのか。自らの犯した過ちを嘆くならば、迷惑勧誘電話を繰り返せる筈がない。酷く歪で、禍々しさに満ちている。多くのものを踏み躙り、悪と蔑まれる存在である。薄気味の悪い、理解しようもない怪物である。神がFJネクストに罰を下すというならば甘んじて受けなければならない。それ以上の裁可を望まなければならない。

日本の不動産投資市場の2015年第2四半期(4月~6月)は取引件数、東証REIT(不動産投資信託)指数ともに前四半期を大きく下回る結果となった。世界的には、ギリシャの債務問題と中国株の急落に翻弄された。過熱する不動産市場に警戒感を持つプレーヤーが増えており、将来のリスクを織り込む動きが顕在化しつつある(「過熱気味の市場に一服感、先高感と不安が交錯」日経不動産マーケット情報2015年8月号)。

人口減少の日本の新築マンション需要は先細りである。「社会保障・人口問題研究所の森田朗所長によれば、日本の人口減少は加速し、現在でも1年間に30万人程度の人口が減っているとのこと。つまり2年で鳥取県1県分の人口が日本からいなくなっている」(「あなたの老後はミゼラブル?それとも…」厳選日経ビジネスオンラインメール2015年9月14日)

赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は住環境を破壊する。FJネクストがガーラ東麻布やガーラ木場を本気で実行するつもりでいるのだとしたら、その現実感覚は致命的にズレていると言わなければならない。ワンルームマンションは地域環境にミスマッチである。他人の痛みを理解しないFJネクストは、悲しく愚かな存在である。

ガーラ木場と同一地域の新築分譲マンション・ルフォンリブレ木場に対しても「半数以上が1LDKなのはもったいない立地」と指摘された(『マンションの間取りや価格を言いたい放題!』「【半数以上が1LDKなのはもったいない立地???】ルフォンリブレ木場13階66平米5,330万円【坪単価267万円】」2014年10月14日)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

material by: