忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[1]  [2
FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)は江東区東陽3丁目でも迷惑マンション「東陽3丁目計画」を建設する。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。江東区東陽1丁目のガーラ・グランディ木場は隣地境界スレスレに高層マンションを建設する。「東陽3丁目計画」は希望のまち東京in東部事務所の南に隣接している。
FJネクストは既存建物の解体工事を2017年10月24日から12月22日まで似予定で実施する。解体工事業者は成美興行株式会社である。FJネクストの解体工事業者選びは問題ある。ガーラ・グランディ木場建設の解体工事業者の環匠(埼玉県川越市)は石巻市アスベスト飛散事故の原因業者である(林田力『FJネクスト迷惑電話』「FJネクストがアスベスト飛散の環匠を解体業者に」)。
環匠は石巻市のアスベスト飛散事故で悪名高い。環匠は宮城県石巻市中央1丁目の旧日の出旅館で解体工事の下請けをしたが、吹き付けアスベストを取り残してした。元請けの菅野工務店は、それに気づかずに解体に入り、発がん性の高いアスベストを飛散させた。解体工事中の2012年8月30日、吹き付けアスベストが散乱していると通報があり、石巻労働基準監督署が現場に急行し、事実を確認して工事を中止させた。
環匠の伊藤基之社長は「外壁の下地に吹き付けがあることは当社でも初めてです」と釈明するが、NPO「東京労働安全衛生センター」の外山尚紀氏は見落としであると批判する。「吹き付けがむき出しのところだけしか見ていなかったことの言い訳をしているだけ」(井部正之「石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故 「特殊事例」として処理したい行政の怠慢(1)」Diamond Online 2012年11月15日)
この石巻市アスベスト飛散事件では石巻市の対応も問題視される。飛散したアスベストの除去工事を、一度失敗した環匠に再度委託した。盗人に追い銭である。
「市が環匠と随意契約したのは10月30日。飛散事故からすでに2ヵ月が経過しており、いまさら緊急性を理由にすることには無理がある。事故後すぐに対応してもらったと言いたいのだろうが、現場に市販の飛散抑制剤をまいて、ブルーシートでおおうだけなら誰にでもできる。それから正規の手続きできちんと発注することは十分できたはずだ」(井部正之「新たな除去工事にも“水増し”と“不適切”疑惑 石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故(3)」 Diamond Online 2012年11月29日)
後始末工事では費用の水増し疑惑が指摘された。また、工事の方法が杜撰であり、再び飛散事故を繰り返す可能性が指摘された(井部正之「後始末工事で再び飛散事故を繰り返す可能性も 石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故(4)」Diamond Online 2012年12月7日)。
「1960年代頃から既に、アスベストが発癌性の有害物質であることは明らかになっていたし、海外ではアスベスト労働者本人だけではなく、衣服に付いたアスベストの粉塵を持ち込まれた家族にまで悪性中皮種が発生した死亡記録が多数出ていたのです。即ちその毒性は半世紀以上も前から知られていた訳です。それらを知りながら、のらりくらりと一部修正で誤魔化し、隠蔽し続けてきた」(亀石征一郎『白神の老殺し屋 マタギVSエイリアン』(明窓出版、2016年、231頁)
PR
FJネクストお知らせに釣られるな。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設は消費者や住民の要請と対峙する姿勢が圧倒的に欠けている。FJネクスト迷惑勧誘電話には一片の説得力さえ存在しない。ワンルームマンション投資は下品な時代錯誤である。
マンション投資は独楽のようなものである。独楽は、いつまでも回り続けることはできない。止まると倒れる。いつまでも転がる独楽としてあり続けることは原理的に不可能である。現実を分かっている人はワンルームマンション投資で誇大妄想しない。マンション投資は精神を不自由にする。マンション投資は精神的な慢性胃腸炎を抱えながら生きることになる。
FJネクスト迷惑勧誘電話の社会的な常識の欠如を嘆く声は大きい。FJネクスト迷惑勧誘電話はマスターベーションに過ぎない。FJネクスト迷惑勧誘電話は自惚れにもほどがある。FJネクスト迷惑勧誘電話と舛添要一の共通点は、頑迷固陋であることである。商売だから仕方がないでは済まされない。ワンルームマンション勧誘電話は禁止が適当である。

FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。
FJネクスト不買運動は呼吸し、鼓動を打つ。FJネクスト不買運動に接すると清々しさが体全体を覆う。FJネクスト不買運動には不思議な美学が漂っている。
君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。ガーラ・グランディ木場は樹木を伐採し、自然を破壊した。「一本の木を切るのは、人の腕一本を斬るに等しい」(亀石征一郎『白神の老殺し屋 マタギVSエイリアン』(明窓出版、2016年、364頁)。
ガーラ・グランディ木場(江東区東陽)は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションである。低層住宅地に面した高層マンションは住環境を破壊する。ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事である。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちである。
事業主のFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)はワンルームマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。同じFJネクスト物件のガーラ・プレシャス東麻布も住環境破壊が批判された。
ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。施工のウラタも悪質である。ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、腰痛、頭痛、肩こり、足の痛み、首の痛み、生理痛などの慢性的な体の不調、アレルギーなどの慢性症状をもたらす。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、誰もが体内に持つ自然治癒力を破壊する。
ガーラ・グランディ木場不買運動は自然に調和した健康と幸せに貢献する。楽しくわかりやすく、ガーラ・グランディ木場不買運動を紹介する。『ガーラ・グランディ木場不買運動』は日常生活、健康、趣味など日々のあれこれも綴っている。FJネクスト不買運動で検索しよう。ガーラ・グランディ木場不買運動で検索しよう。
皆様におかれては、常日頃からガーラ・グランディ木場不買運動にご尽力いただき、感謝申し上げます。ガーラ・グランディ木場不買運動をお友達やご家族など周りの方に広めて下さい。ガーラ・グランディ木場不買運動を周りの方にシェアすることで、より多くの方に関心が広まる大きな力になります。どうぞまわりの方にシェアして下さい。
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature
林田力
https://www.youtube.com/user/tokyufubai
東急不動産だまし売り裁判
http://www.hayariki.net/
FJネクスト江東区東陽マンション建設工事騒音
http://hayariki.x10.mx/
住環境破壊・騒音・振動のガーラ木場新築工事(マンション建設工事)
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクスト迷惑電話
http://hayariki.ie-yasu.com/
買ってはいけないガーラ・プレシャス神宮外苑。ガーラ・プレシャス神宮外苑不買運動を優待しよう。FJネクストのワンルームマンションを買ってはいけない。マンション投資は内情を知らない購入者が結局損する結果になる。マンション投資をしていると自分が実体からかけ離れ、すり減っていく。マンション投資を続けていたら、いつか使い捨てにされ、借金だけが残るようになる。
FJネクストとかけて目黒行人坂の大火ととく。その心は、どちらも迷惑(目黒行人坂の大火は明和九年に起きた)。FJネクストのマンション建設は血生臭い事案の積み重ねでできている。丹精込めて部品を作ると高く買ってくれるなら良いが、粗雑に適当に作って安く納品できた方が評価されるならば恐ろしい。そのようなマンションに住みたくはない。
FJネクストはガーラ・プレシャス東麻布でもガーラ木場新築工事でも住環境破壊が批判されている。ガーラ・プレシャス東麻布もガーラ木場新築工事も住民無視である。ガーラ木場新築工事はウラタが施工する。工事騒音はシャットアウト不可能だからウラタが反省するしかない。だからウラタは無神経である。
新築マンション建設は抑制すべきである。日本の賃貸マンションも中国のように「鬼城」(住む人のいないマンション)になるだろう。富士通総研の米山秀隆主席研究員は住宅が供給過剰であると主張する。
「今、日本は人口減少のフェーズに入っているのに、住宅数は増え続けている。住む人が減って家が増えれば、不便で条件の悪い住宅に人が住まなくなり、空き家が増える。つまり、無秩序に住宅を大量供給する日本の現状が空き家増加の構造的要因なのです」(「増える空き家、「スラム化」する老朽マンション 撤去費用を支払うのは誰か」Yahoo!ニュース 特集2016年7月29日)。
http://www.hayariki.net/
FJネクスト江東区東陽マンション建設工事騒音
http://hayariki.x10.mx/
住環境破壊・騒音・振動のガーラ木場新築工事(マンション建設工事)
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクスト迷惑電話
http://hayariki.ie-yasu.com/
FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)はマンション投資の迷惑電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazon Kindle)。多数の人がFJネクスト迷惑電話で困っている。「FJネクスト迷惑電話対策」「FJネクスト迷惑電話撃退」で検索する人がいる。FJネクストの迷惑勧誘電話に対しては「二度と電話するな」「リストから削除しろ」と伝えよう。

FJネクスト迷惑電話対策として、「FJネクストお客様相談室に電話しろ」と言われることがあるが、これは問題である。担当者に「再勧誘するな」と伝えた以上、そこで意思表示はできている。わざわざFJネクストが一方的に定めた面倒な手続きを経なければ勧誘電話が止まらないならば、それ自体、FJネクストの悪徳業者ぶりを示すことになる。

スパムメール対策との対比でもFJネクストお客様相談室は問題がある。スパムメールに対して、絶対にしてはいけないことは返信することである。たとえ返信すれば解除を受け付けると書いてあったとしても、それに従ってはならない。何故ならば返信したことによって、そのメールは生きていると判断され、一層スパムメールの対象とされるためである。

仮に当該スパムメールは来なくなったとしても同じ業者の別サービス、別の業者からのスパムメールが送られてくる。たとえば危険ドラッグのスパムメールは来なくなっても、B-CASカード不正視聴のスパムメールが来るなどである。

迷惑メールも迷惑電話も一方的な迷惑という点で業者のメンタリティは同じである。それならば迷惑電話業者であるFJネクストお客様相談室に期待することは危険極まりないことになる。

FJネクストの迷惑勧誘電話は悪意しか感じない。個人の自由や人としての尊厳を奪い取っている。FJネクストの迷惑勧誘電話は逆ギレで悪名高い。逆切れは世間に通用しない。悪徳会社は逆切れが定番である。豊田商事も逆切れしていた。誰も逆切れを注意しないのか。むしろ歓迎しているのか。悪徳業者と同じパターンである。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/custmer.html
グランド・ガーラ門前仲町不買運動
グランドガーラ門前仲町不買運動
忍者ブログ [PR]

material by: