忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テレビアニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」(テレビ東京系列)は2009年6月11日に333話「大蛇の瞳孔」を放送した。「NARUTO」は岸本斉史が週刊少年ジャンプで連載中の忍者アクション漫画『NARUTO -ナルト-』が原作である。木ノ葉隠れの里の忍者・うずまきナルトらの戦いと成長を描く。ナルトの夢は歴代の勇者、火影の名を受けついで、先代を超える忍者になることである。しかし、ナルトには出生の秘密があった。
今回は主人公ナルトのライバル・うちはサスケを中心とした内容である。サスケは一族を皆殺しにした兄・うちはイタチに復讐する力を得るため、木ノ葉隠れの里を抜けて伝説の三忍の一人・大蛇丸に師事する。しかし、今回遂にサスケは大蛇丸に反旗を翻す。
「NARUTO」は勝利・友情・努力の3拍子が揃った伝統的な週刊少年ジャンプの王道を歩む作品である。但し、近時の漫画は「努力」が軽視される傾向がある。漫画は空想的な異世界を舞台とした作品であっても、現実世界を映し出す鏡である。格差が深刻化し、身を粉にしても働いても貧困から抜け出せないワーキングプアという過酷な現実の前では、最初は弱かった主人公が努力だけで強くなる展開はリアリティに欠ける。
この格差社会の影響を「NARUTO」も受けている。主人公のナルトは四代目火影(木ノ葉隠れの里の長)の息子である。また、ナルトのチャクラ(忍者の使うエネルギー)が桁外れなのは九尾の妖狐を封じ込められているためである。好敵手のサスケはエリート一族である、うちは一族の出身である。しかも「NARUTO」には血継限界(遺伝によってのみ伝えられる特殊能力・体質)という設定まである。
それでも「NARUTO」が他の現代の漫画に比して努力の要素を色濃く出しているのは、師弟関係を強調しているためである。多くの登場人物に師弟関係(ナルトと自来也など)がある。師弟関係があることで、直接的な修行の描写を長々としなくても、登場人物が修行によって成長したことが推測できる。
この師弟関係は主人公側だけでなく、敵側にも存在する。サスケと大蛇丸の関係がそれである。主人公側の師弟関係が情愛で結ばれたものであるのに対し、サスケと大蛇丸の師弟関係は互いに相手を利用するだけの存在と位置付けていた。そのために今回の放送で両者は激突することになる。対照的な師弟関係が主人公側と敵側の落差を象徴していた。
http://www.hayariki.net/naruto.html
PR
オリジナルストーリー「新隊長天貝繍助編」への期待
テレビ東京系列で放映中のアニメ「BLEACH」(ブリーチ)が2008年4月23日に放送された第168話から新章「新隊長天貝繍助(あまがいしゅうすけ)篇」に入った。BLEACHは虚(ホロウ)を退治する死神の能力を身につけた高校生、黒崎一護(くろさき いちご)と仲間の活躍を描いた漫画である。週刊少年ジャンプで連載されている久保帯人のマンガが原作であるが、この「天貝繍助篇」はアニメ・オリジナルストーリーである。
それまでアニメでは原作にほぼ忠実な「虚圏(ウェコムンド)篇」を放映していた。新たにアニメ・オリジナルストーリーを放映する理由としては連載中の原作にアニメが追いつき、原作のストックが減少したことが考えられる。これは連載マンガ原作の人気アニメでは、しばしば見られることである。アニメ「BLEACH」でも過去に「バウント篇」というオリジナルストーリーを放送したことがある。
このような場合、通常、原作の話が一段落した後でオリジナルストーリーを放送するが、「天貝繍助篇」は違った。「虚圏篇」が決着していない状態で「天貝繍助篇」に入るという、かなり強引な展開になっている。
4月16日に放送された第167話では最後に、キャラクターに「大人の事情」で次回から新しい話に入ると説明させただけであった。一方で連載中の漫画も2008年4月上旬に発売された週刊少年ジャンプ第18号以降、「虚圏篇」から唐突に「過去篇」に移っていることは興味深い。
BLEACHの魅力の一つは個性的なキャラクターにある。中でも死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)を守護する護廷十三隊の隊長・副隊長はファンの人気が高い。一護に死神の能力を与えたために囚われた朽木ルキアを救出するため、一護達は尸魂界に乗り込み、護廷十三隊と対峙することになる。
このため、護廷十三隊は主人公達にとって敵対する位置にいた。少年漫画の王道的なパターンでは主人公達が敵役を順々に倒していくことになる。ところがBLEACHの異色な点は、護廷十三隊の隊長達が順々に主人公達と戦うのではなく、それぞれの思惑で行動した点である。これによって戦いだけではなく、ストーリーに深みが増した。
この尸魂界篇に比べると、虚圏篇は、捕らえられた主人公の仲間(井上織姫)を救出するために敵地に乗り込む点は共通するが、ある敵を倒したら次の敵が登場という戦いの連続に終始する傾向が否定できない。週刊少年ジャンプで連載中の漫画が舞台を110年前の尸魂界に移す過去篇に唐突に移ったのも戦いの連続に飽きられるのを避け、過去の謎を明らかにすることで物語に深みを持たせようとしたものと考えられる。
同様にアニメがオリジナルストーリーを放送するのも原作のストック減少が主要な動機であるとしても、戦いの連続による飽きを避ける面もあったと思われる。オリジナルストーリーが「新隊長天貝繍助篇」と題し、護廷十三隊にスポットを当てる内容にしたのも、主人公側と敵側の戦いが中心の虚圏篇で出番の少ない護廷十三隊の面々を登場させたいと思いがあったのではないかと推測する。「新隊長天貝繍助篇」では護廷十三隊の面々の興味深いエピソードが放送されるのではないかと期待する。今後の展開が楽しみである。
http://hayariki.net/bleach.htm
F91の続編。時代設定は人類の宇宙進出が進み、木星にもコロニーが建設されたという状況。しかし自然の恵み豊かな地球圏から遠く離れた木星では、生存に必要な空気も水も人工的に作り出さねばならず、水は配給制で不十分な量しか供給されないという過酷な生活をしている。ために木星帝国は木星を棄てて地球圏に侵略を行う。

本作で特徴的なのはニュータイプを単に宇宙生活への適応と位置付けており、それ以上でも以下でもない。従来はニュータイプとは宇宙生活に適応した「進化」した人類であり、逆に地球での生活にこだわる人々は「重力に魂を引かれた」と否定的に描かれてきた。但し、いつもニュータイプたる主人公らは、地球の側に立って侵略的な宇宙の勢力と戦い、地球連邦の勝利に貢献している。これは矛盾だが、地上に暮らすというのが人間の自然な姿であることを考えればリアリティが強く感じられる。

本作でも主人公にはニュータイプ的素養がある。一方で地球上の山道を何kmもただ歩くことに非常に苦しむ。地球で生活している人には普通のことだが、コロニー生活者には経験がないためである。ニュータイプとなることはオールドタイプを上回る存在になるのではなく、宇宙生活で使わない機能・能力は退化してしまうことを主人公は認識する。そして主人公はニュータイプになることよりも人類として生きることを宣言する。
http://www.hayariki.net/cul/gundam.htm
エンタメ
http://hayariki.v-kei.net/
 

忍者ブログ [PR]

material by: