忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ガーラ・グランディ木場(江東区東陽)は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションである。低層住宅地に面した高層マンションは住環境を破壊する。ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事である。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちである。
事業主のFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)はワンルームマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。同じFJネクスト物件のガーラ・プレシャス東麻布も住環境破壊が批判された。
ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。施工のウラタも悪質である。ガーラ・グランディ木場は自然破壊である。実需とは関係なく、迷惑勧誘電話で無理やり売りつけるために自然が破壊され、醜悪なマンションが建設されることはやり切れない。
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、腰痛、頭痛、肩こり、足の痛み、首の痛み、生理痛などの慢性的な体の不調、アレルギーなどの慢性症状をもたらす。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、誰もが体内に持つ自然治癒力を破壊する。
ガーラ・グランディ木場不買運動は自然に調和した健康と幸せに貢献する。楽しくわかりやすく、ガーラ・グランディ木場不買運動を紹介する。『ガーラ・グランディ木場不買運動』は日常生活、健康、趣味など日々のあれこれも綴っている。FJネクスト不買運動で検索しよう。ガーラ・グランディ木場不買運動で検索しよう。
皆様におかれては、常日頃からガーラ・グランディ木場不買運動にご尽力いただき、感謝申し上げます。ガーラ・グランディ木場不買運動をお友達やご家族など周りの方に広めて下さい。ガーラ・グランディ木場不買運動を周りの方にシェアすることで、より多くの方に関心が広まる大きな力になります。どうぞまわりの方にシェアして下さい。
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature
林田力
https://www.youtube.com/user/tokyufubai
東急不動産だまし売り裁判
http://www.hayariki.net/
FJネクスト江東区東陽マンション建設工事騒音
http://hayariki.x10.mx/
住環境破壊・騒音・振動のガーラ木場新築工事(マンション建設工事)
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクスト迷惑電話
http://hayariki.ie-yasu.com/
PR
買ってはいけないガーラ・プレシャス神宮外苑。ガーラ・プレシャス神宮外苑不買運動を優待しよう。FJネクストのワンルームマンションを買ってはいけない。マンション投資は内情を知らない購入者が結局損する結果になる。マンション投資をしていると自分が実体からかけ離れ、すり減っていく。マンション投資を続けていたら、いつか使い捨てにされ、借金だけが残るようになる。
FJネクストとかけて目黒行人坂の大火ととく。その心は、どちらも迷惑(目黒行人坂の大火は明和九年に起きた)。FJネクストのマンション建設は血生臭い事案の積み重ねでできている。丹精込めて部品を作ると高く買ってくれるなら良いが、粗雑に適当に作って安く納品できた方が評価されるならば恐ろしい。そのようなマンションに住みたくはない。
FJネクストはガーラ・プレシャス東麻布でもガーラ木場新築工事でも住環境破壊が批判されている。ガーラ・プレシャス東麻布もガーラ木場新築工事も住民無視である。ガーラ木場新築工事はウラタが施工する。工事騒音はシャットアウト不可能だからウラタが反省するしかない。だからウラタは無神経である。
新築マンション建設は抑制すべきである。日本の賃貸マンションも中国のように「鬼城」(住む人のいないマンション)になるだろう。富士通総研の米山秀隆主席研究員は住宅が供給過剰であると主張する。
「今、日本は人口減少のフェーズに入っているのに、住宅数は増え続けている。住む人が減って家が増えれば、不便で条件の悪い住宅に人が住まなくなり、空き家が増える。つまり、無秩序に住宅を大量供給する日本の現状が空き家増加の構造的要因なのです」(「増える空き家、「スラム化」する老朽マンション 撤去費用を支払うのは誰か」Yahoo!ニュース 特集2016年7月29日)。
http://www.hayariki.net/
FJネクスト江東区東陽マンション建設工事騒音
http://hayariki.x10.mx/
住環境破壊・騒音・振動のガーラ木場新築工事(マンション建設工事)
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクスト迷惑電話
http://hayariki.ie-yasu.com/
FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)はマンション投資の迷惑電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazon Kindle)。多数の人がFJネクスト迷惑電話で困っている。「FJネクスト迷惑電話対策」「FJネクスト迷惑電話撃退」で検索する人がいる。FJネクストの迷惑勧誘電話に対しては「二度と電話するな」「リストから削除しろ」と伝えよう。

FJネクスト迷惑電話対策として、「FJネクストお客様相談室に電話しろ」と言われることがあるが、これは問題である。担当者に「再勧誘するな」と伝えた以上、そこで意思表示はできている。わざわざFJネクストが一方的に定めた面倒な手続きを経なければ勧誘電話が止まらないならば、それ自体、FJネクストの悪徳業者ぶりを示すことになる。

スパムメール対策との対比でもFJネクストお客様相談室は問題がある。スパムメールに対して、絶対にしてはいけないことは返信することである。たとえ返信すれば解除を受け付けると書いてあったとしても、それに従ってはならない。何故ならば返信したことによって、そのメールは生きていると判断され、一層スパムメールの対象とされるためである。

仮に当該スパムメールは来なくなったとしても同じ業者の別サービス、別の業者からのスパムメールが送られてくる。たとえば危険ドラッグのスパムメールは来なくなっても、B-CASカード不正視聴のスパムメールが来るなどである。

迷惑メールも迷惑電話も一方的な迷惑という点で業者のメンタリティは同じである。それならば迷惑電話業者であるFJネクストお客様相談室に期待することは危険極まりないことになる。

FJネクストの迷惑勧誘電話は悪意しか感じない。個人の自由や人としての尊厳を奪い取っている。FJネクストの迷惑勧誘電話は逆ギレで悪名高い。逆切れは世間に通用しない。悪徳会社は逆切れが定番である。豊田商事も逆切れしていた。誰も逆切れを注意しないのか。むしろ歓迎しているのか。悪徳業者と同じパターンである。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/custmer.html
グランド・ガーラ門前仲町不買運動
グランドガーラ門前仲町不買運動

迷惑勧誘電話のFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd.)のグランド・ガーラ門前仲町(東京都江東区福住)は買ってはいけない。グランド・ガーラ門前仲町不買運動を進めよう(林田力『FJネクスト迷惑電話』「グランド・ガーラ門前仲町」)。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/monzen.html
グランド・ガーラ門前仲町は2015年9月に販売を開始した。販売価格は2,690万円から3,380万円である。最多販売価格帯は2,800万円台である。計画名は(仮称)ガーラ深川福住である(林田力『東急不動産だまし売り裁判46FJネクスト不買』「ブランズ市川レフィールとFJネクスト」)。

9月に入り、天候も気分ももうすっかり秋になった。食欲の秋、読書の秋、行楽の秋、芸術の秋。FJネクスト不買運動の秋でもある。FJネクストに対して憤懣やる方ない思いの人々がいる。FJネクストは何故、迷惑勧誘電話を繰り返せるのか。自らの犯した過ちを嘆くならば、迷惑勧誘電話を繰り返せる筈がない。酷く歪で、禍々しさに満ちている。多くのものを踏み躙り、悪と蔑まれる存在である。薄気味の悪い、理解しようもない怪物である。神がFJネクストに罰を下すというならば甘んじて受けなければならない。それ以上の裁可を望まなければならない。

日本の不動産投資市場の2015年第2四半期(4月~6月)は取引件数、東証REIT(不動産投資信託)指数ともに前四半期を大きく下回る結果となった。世界的には、ギリシャの債務問題と中国株の急落に翻弄された。過熱する不動産市場に警戒感を持つプレーヤーが増えており、将来のリスクを織り込む動きが顕在化しつつある(「過熱気味の市場に一服感、先高感と不安が交錯」日経不動産マーケット情報2015年8月号)。

人口減少の日本の新築マンション需要は先細りである。「社会保障・人口問題研究所の森田朗所長によれば、日本の人口減少は加速し、現在でも1年間に30万人程度の人口が減っているとのこと。つまり2年で鳥取県1県分の人口が日本からいなくなっている」(「あなたの老後はミゼラブル?それとも…」厳選日経ビジネスオンラインメール2015年9月14日)

赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は住環境を破壊する。FJネクストがガーラ東麻布やガーラ木場を本気で実行するつもりでいるのだとしたら、その現実感覚は致命的にズレていると言わなければならない。ワンルームマンションは地域環境にミスマッチである。他人の痛みを理解しないFJネクストは、悲しく愚かな存在である。

ガーラ木場と同一地域の新築分譲マンション・ルフォンリブレ木場に対しても「半数以上が1LDKなのはもったいない立地」と指摘された(『マンションの間取りや価格を言いたい放題!』「【半数以上が1LDKなのはもったいない立地???】ルフォンリブレ木場13階66平米5,330万円【坪単価267万円】」2014年10月14日)。
FJネクストは勧誘電話がしつこいと評判が悪い。FJネクストの現状は一言でいえば悪い意味で「やばい」。胸に渦巻いた感情は嫌悪である。FJネクスト勧誘電話に意味があったとしても、それはきっと世界にとって、FJネクスト以外の全てのものにとって唾棄すべき邪悪なものである。FJネクストの迷惑勧誘電話や住環境破壊に対して無辜の人々は嘆きの声を張り上げる。消費者や住民は労苦と辛酸を強いた相手に無心でいられるほど生に飽きていない。まずは現場から噴出する悲鳴に耳を傾けよう。腐敗の原点はそこにある。

FJネクスト問題の闇の核心はなお見えてこない。しかし、林田力『FJネクスト迷惑電話』(Amazon Kindle)を読み直すうち、明らかに声が聞こえてきた。呻く様な声が。誰かが泣いている。彼ないし彼女らの想いは誰に届くこともなく葬られてしまっていいのか。FJネクスト問題を他人事と捉えるのではなく、「なぜ、こうなったのか」をよく考え、同じ轍を踏まないよう、他山の石とすることが重要である。試されているものは日本の正義である。

FJネクストの悪が尽きぬ限り、FJネクストの根本が変わらない限り、その歴史は幾度でも繰り返す。迷惑勧誘電話や住環境破壊のFJネクストに対しては、グランド・ガーラ門前仲町などに対する不買運動を展開することも有効な対抗手段の一つである。そのようにして悪の資金源を断つことによって、社会を浄化する役目を果たすことができる。

マンション投資は砂上の楼閣の天頂に立つことにも等しい。マンション投資の怖さを具体的な計算例で知っておこう。マンション投資の勧誘電話の口車に乗るとミゼラブル(哀れ)な現実がやってくる。一つ投資用マンションを売りつければ、また一つと次々販売する。迷惑勧誘電話営業の欲望に際限はない。およそ悪徳業者であっても彼らには彼らなりの美学があり誇りがある。しかし、投資用マンション販売業者にはそれがない。手段を選ばなくなった時点で同業者からも同胞とは思われなくなる。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/shitsukoi.html
マンション投資の迷惑勧誘電話被害が一向に減る気配を見せない。最大の要因は不動産業者の手口が巧妙化していることにある。取引先を装うなど、勧誘電話の手口が年を追うごとに巧妙になっている。自分には無関係と思っている貴方。マンション投資で幸せな老後を送ることができると本当に言い切れるか。マンション投資破産者は「自業自得」と冷たく扱われることが多いが、押し売り的な迷惑勧誘電話の実態を知っても、そのように言い切れるか。

尾田栄一郎『ONE PIECE 70』はパンクハザード編が完結し、ドレスローザ編に突入する。この巻で印象に残ったポイントは3点存在する。

第一にシーザーのゲスぶりである。ルフィの最も嫌いなタイプとまで呼ばれた。依存症薬物を利用するキャラクターを最低の存在として描くことは脱法ハーブ(脱法ドラッグ)が社会問題になっている世相にマッチする(林田力『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』「『ONE PIECE 69』脱法ハーブへの警鐘」)。現実の脱法ハーブ宣伝屋もかくやと思わせる最低ぶりである。

第二に薬物依存にさせられた子ども達を助けようとするナミのカッコよさである。物語の序盤で紹介されたナミの生い立ちが活きてくる。過去のエピソードを大切にするところに作品愛が伝わってくる。

第三にドンキホーテ・ドフラミンゴの位置付けである。ドフラミンゴはチンピラ・ヤンキー風の外見であり、小物臭が漂っていた。四皇という更なる強敵が控えている中ではルフィに瞬殺されるという展開も全く不思議ではない。逆にドフラミンゴとの戦いに苦戦するならば、薄っぺらな引き延ばしに見えてしまう。

ドフラミンゴのチンピラ・ヤンキー風の外見の軽さは修正しようがないが、この巻ではドフラミンゴの部下達の忠誠心の深さが描かれる。これによってドフラミンゴも少しは大物らしくなった。四皇を倒すための一里塚にしか過ぎないと思われたドフラミンゴとの対決にも興味が出てきた。
http://www.hayariki.net/10/21.htm
忍者ブログ [PR]

material by: