忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
中島かずき脚本、相庭健太作画で『まんがタウン』で連載中の漫画『クレヨンしんちゃん SHIN-MEN』第1巻が、11月17日に発売された。『クレヨンしんちゃん』の設定を利用した戦隊物という異色の構成である。
『SHIN-MEN』は臼井儀人の人気漫画『クレヨンしんちゃん』のスピンオフ作品である。異次元の地球を舞台に野原しんのすけをモチーフにした5人の戦隊風ヒーローが、「ぶりぶりざえもん」をモチーフにした悪のTON-MENと戦う。テレビアニメで「クレヨンしんちゃん20周年記念作品」として放映されたものであるが、漫画版はアニメとは独自のストーリーである。
空知英秋の漫画『銀魂』のキャラクターを高校に移した『3年Z組銀八先生』など、キャラクターの性格のみ引き継いで舞台を変えるスピンオフ作品は珍しくない。これらの作品と比べた『SHIN-MEN』の特徴は原作からの独立性が高い点にある。野原ひろしや野原みさえら脇役をモチーフにしたキャラクターも登場するが、存在感は薄い。単なる『クレヨンしんちゃん』のなぞりではない物語の奥行きがある。
原作では5人組のヒーローと言えば、しんのすけを中心に風間トオルや桜田ネネら幼稚園の仲間達で結成する「かすかべ防衛隊」をイメージする。しかし、『SHIN-MEN』では、しんのすけの外見をしたキャラが5人である。そのうちの一人のゴゥは、しんのすけ的なキャラクターであるが、他の4人はユニークである。この巻では5人の各々をフィーチャーする物語が収録されている。
悪役のTON-MENは「ぶりぶりざえもん」をモチーフにした色違いの豚の5人組である。TON-MENは人間を苦しめる存在であるが、一方的に人間を攻撃するだけの存在ではない。人間の醜い感情がTON-MENの攻撃のトリガーになっている。たとえば他人の不幸を喜ぶ人間の感情が大きくなると、人間の流した涙で大洪水を起こすという具合である。
『クレヨンしんちゃん』の映画で名作と名高い『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』では、高度成長期の回顧という大人達の郷愁に付け入れられた。それと同様に人々の意識を風刺する隠れた社会性のある作品になっている。(林田力)
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B001VA125K
林田力 新聞
http://hayariki.net/nikkan.htm
林田力こうして勝った
https://sites.google.com/site/hayariki9/

PR
深夜アニメが本格的に増えてから数年が経過する。それなりに粒がそろっているものの、後世に残るほどの傑作は乏しい。ここ数年のアニメ業界は進行性閉鎖の傾向がある。どんどんマニアックになっていってファンが離れていき、新しいファンがなかなか寄り付かない。しかし、「最近のアニメはつまらない」「昔はよかった」と否定することは建設的ではない。一般受けを狙えば逆に熱心なファンを遠ざけることになるためである。その意味でマニアックになるということは熱心なファンを満足させようとする方向として肯定的に評価できる。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B00428QANC
PerfumeのBcL (Baby cruising Love)は名曲です。#prfm
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B000XYQGN8
交響曲第88番ト長調 Hob.I-88『V字』/シンフォニア ニ長調(序曲)Hob.Ia-7 [DVD]
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B002MUQ9YW
『東急不動産だまし売り裁判』TPP反対
http://hayariki.zero-yen.com/poli/tpp.html
テレビ朝日系列で放映されている長寿アニメ『ドラえもん』は、2008年8月29日に原作の中でも有名な作品「ドラえもんに休日を」のリメイク版を放送した。この日に放映したのは「世界をぬりかえよう」「ドラえもんに休日を!!」の2作品である。
「世界をぬりかえよう」は、のび太がドラえもんの秘密道具を悪用して悪戯を重ねるが、道具が暴走して、のび太の手に負えなくなってしまい、最後には酷い目に遭うという王道的なストーリーである。
この作品で登場する秘密道具「色いろカラーパレットと筆」は、どのようなものでも任意の色に塗り替えられるもので、カラー表現が可能なアニメならではの作品である。一筆で広範囲の色彩を鮮やかに塗り替えており、絵的に綺麗な作品に仕上がっている。
次の「ドラえもんに休日を」は原作マンガでも屈指の感動作である。大山のぶ代がドラえもんの声優をしていた頃にもアニメ放送されている。声優が水田わさび(ドラえもん役)らになってからの有名作品のリメイクとして注目されたが、基本的に原作の流れに忠実な展開であった。
のび太の世話を毎日しなければならないドラえもんに、のび太は一日の休日をあげる。喜ぶドラえもんだが、心配になって有事の連絡用に「呼びつけブザー」を渡す。のび太は数々の危機に直面しつつも、休日を満喫しているドラえもんを思い、ブザーを押さない。
この話ではジャイアンとスネ夫がいい。最初、ジャイアンとスネ夫は、のび太にブザーを押させようと意地悪をする。この時点では「ドラえもん」でパターン化された悪役を演じている。リメイクされた今回の放送では二人の表情が、これまで以上に悪役然としている。
しかし、ドラえもんを大切に思う、のび太の行動に心を打たれた二人は、のび太を助けることになる。「ジャイアンは映画では良い奴になる」と言われるが、映画でなくても良いジャイアンが見られる作品である。
また、この作品ではスネ夫もカッコいい。ジャイアンと違ってスネ夫は強くない。だから、正直なところ、のび太を助けに行くのは怖い。それでも勇気を出してジャイアンと一緒に前に進む。アニメではスネ夫の声が震えており、原作以上にスネ夫の葛藤を巧みに表現している。
スネ夫は主要メンバーの中では影が薄く、家が金持ちという属性が通用しない映画の世界などでは良いところが全くないこともある存在である。故に普通人の意識の代弁者とも位置付けられる。そのスネ夫が勇気を出して行動したことには重みがある。
原作では帰宅したドラえもんに、のび太が「何事もなかった」と答えて終わる。このさり気なさが感動を引き締める。原作の「ドラえもん」には教訓的な話が非常に多いが、それを引っ張りすぎないために決して説教臭くなることはない。この点に「ドラえもん」をあくまで娯楽作品として描こうとした作者・藤子・F・不二雄の秀逸さが感じられる。
一方、リメイクされた今回のアニメでは次週9月5日に放送される「ドラえもん誕生日スペシャル」へとつながる終わり方となっている(ちなみにドラえもんの誕生日は9月3日である)。一話完結で感動の余韻を残す原作とは一味異なる終わらせ方である。来週の展開も楽しみである。
http://www.hayariki.net/cul/dora.htm
林田力hayariki韓国ドラマ
http://hayariki.yotsumeyui.com/
忍者
http://profile.ninja.co.jp/hayariki
テレビ東京系列で放映中のテレビアニメ「BLEACH」(ブリーチ)は2008年9月17日放送の第188話「決闘!天貝VS一護」で主人公・黒崎一護(くろさきいちご)が天貝繍助(あまがいしゅうすけ)と戦った。
BLEACHは週刊少年ジャンプで連載中のマンガが原作である。2008年4月23日放送の第168話から原作とは異なるアニメ・オリジナルストーリー「新隊長天貝繍助篇」を放送している。
「新隊長天貝繍助篇」はアニメのオリジナルキャラクターである天貝繍助が護廷十三隊の三番隊隊長に新たに就任するところから始まる。護廷十三隊は死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)を守護する組織で、三番隊隊長は前隊長の市丸ギンの出奔後は空席となっていた。
ところが「新隊長天貝繍助篇」と銘打つものの、肝心の天貝繍助の登場は必ずしも多くなく、物語の前半は主人公達との接点さえ存在していなかった。これに対し、別のアニメ・オリジナルキャラクターである霞大路瑠璃千代の方が主人公と絡んでおり、「新隊長天貝繍助篇」と名付けた意義が理解できないほどであった。
その後、第182話「天貝の実力、斬魄刀解放!」において一護と天貝は出会い、行動を共にすることになる。話の分かる善玉として描かれてきた天貝であったが、実は霞大路家に対する陰謀の黒幕であった。全ては抹殺された父の仇を取るための天貝による山本元柳斎への復讐計画であった。
三番隊第3席で獏爻刀(ばっこうとう)により死神の頂点に立とうとした貴船理や、霞大路家を乗っ取ろうとした雲井尭覚では実力的にも動機の面でもラスボスとしての重みに欠ける。天貝が黒幕という展開は視聴者として良い意味で欺かれた。
ここにおいてタイトルが「新隊長天貝繍助篇」であるのも明確になる。過去には「バウント編」というアニメのオリジナルストーリーが放送された。これはバウントと呼ばれる特殊な種族と戦う物語であった。それを踏まえるならば「新隊長天貝繍助篇」も天貝繍助が最後の敵となる点で命名は一貫している。
善良そうな隊長が実は黒幕であったという展開は原作の藍染惣右介と同じである。こちらは殺されたと見せかけた人物が実は生きていて黒幕であった。その点で原作の方が意外性は高い。
また、死神への遺恨を動機とする点も、バウント編の一之瀬真樹と類似する。慕っていた先代の十一番隊隊長を更木剣八に殺されたことが一之瀬の背景にある。但し、一之瀬の恨みは剣八に向かわず、狩矢神に忠誠を誓う歪んだ形をとった。最後には剣八と直接戦うことで剣八にも認められることになる。
これに対し、天貝は父親を殺した元柳斎への復讐で一貫している。剣八が先代の十一番隊隊長を倒したのは護廷十三隊のルールに則ったものである。これに対して、天貝の説明を前提とする限り、不正の口止めのために父親は殺された。天貝が復讐心を抱くこと自体は共感できる。
しかし、一護は「隊長になるだけの力があるのに、何故、その力を復讐に使うのか」と復讐の無意味さを説く。ここには良くも悪くも少年マンガの主人公らしい前向きな発想がある。天貝は復讐こそが強さの根源と主張し、相容れない二人は激突する。
一方、不正の口止めで父親が殺されたということは天貝が主張しているに過ぎない。殺したとされる元柳斎は未だ事情を説明していない。不正を隠蔽する殺人者として元柳斎を描くことは、原作との整合性から無理がある。
そのため、最後には天貝の父親が死なざるを得なかった事情が語られるのではないか。そうなると天貝の恨みは理由のない的外れなものになる。「新隊長天貝繍助篇」が復讐は何も生み出さない無意味なものとする論理を勝たせるのか、実は間違った復讐であったという帰結になるのか、興味深いところである。
「BLEACH」は次回放送の10月7日から火曜日夜6時からに放送時間が変更される。「新隊長天貝繍助篇」が、どのような形で幕を下ろすのかにも注目したい。
http://hayariki.zero-yen.com/bleach.htm
TBS系列のテレビアニメ『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズンが2008年10月5日の第1話「天使再臨」から放送を開始した。本作品は第1期が2007年10月から2008年3月にかけて放送され、今回が続編になる。
第1期ではユニオン、AEU、人革連の三大勢力が対立する世界で、私設武装組織「ソレスタルビーイング(略称CB)」が戦争根絶のために武力介入する展開であった。CBの武力介入の影響もあり、世界が地球連邦に統一されるところで第1期は終結した。
第2期は、それから4年後である。地球連邦政府は独立治安維持部隊「アロウズ」を設立したが、それは統一を名目に反対勢力への非人道的な弾圧を行う組織であった。繰り返される争いの現状に、刹那・F・セイエイらは再びガンダムに乗って戦うことになる。
ガンダムの世界では地球側の勢力(例:地球連邦)と宇宙側の勢力(例:ジオン公国)の戦争が伝統的な枠組みであった。それぞれに正義と悪を抱えており、単純な勧善懲悪にはならないが、対立軸は明確であった。これに対し、本作品の第1期では三大勢力が互いに争う中で、CBは武力紛争を起こした勢力を攻撃するユニークな設定であった。
CBにとっては戦争することが絶対悪であり、戦いの動機を問題としない。戦争を行う当事者は理由を問わず武力介入の対象になる。CBは「弱気を助け強気を挫く」存在ではない。大国に挑む小国の軍備でも容赦なく攻撃する。一方、CB自身がしていることも武力の行使である。CBは戦争を根絶するために武力介入するという矛盾に満ちた存在である。ガンダム作品の中でも非常に難しい作品になっている。
第2期では第1話を観た限り、CB対アロウズに対立軸は集約されそうである。戦争を根絶させるために統一政府「地球連邦」を樹立したが、その結果、強力な統一組織による圧制と弾圧が生まれるという結果は皮肉である。テロとの戦いを名目に政府の権限が強化されている現実社会への警鐘とも捉えることができる。
アロウズは無差別殺戮を行うなど分かりやすい悪として描かれている。分かりやすい悪を倒すことでハッピーエンドというストーリーは分かりやすいが、戦争根絶という難しいテーマを掲げた作品の結末としては物足りない。分かりやすい悪を倒しただけで戦争が根絶されるほど世の中は単純ではない筈である。
前番組の『コードギアス 反逆のルルーシュ』も第1期と第2期に分けて放送された作品であるが、第1期では日本一国の独立を目指したのに対し、第2期では世界の平和を目指す点でテーマが拡大されている。第1期では戦争根絶という壮大な目標を掲げた本作品が第2期では目の前の巨悪を倒すだけで終わってしまうことはないと思われる。どのような展開が待っているのか、期待したい。
また、アロウズは地球連邦の歪みを反映した強硬派組織という点で『機動戦士Zガンダム』のティターンズを想起される。本作品の一世代前のガンダム作品『機動戦士ガンダムSEED』は遺伝子改良された人種コーディネーターを登場させるなど独自の世界観を投影した作品であった。
しかし、続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ではファーストガンダムの再利用が目立った。『DESTINY』ではモビルスーツにザクやグフ、ドムが登場した上、「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」の名台詞やジェットストリームアタックなどが使われている。歴代ガンダムと比べてもユニークな世界観を持っていた『機動戦士ガンダム00』も続編では既存作品の影響を受けることになるのかも見所である。
物語内の時間の流れは第1期から4年経過しており、その間に地球連邦政府の樹立という大きな出来事も生じている。その第1話となると説明で終始してしまいがちになるが、本作品では冒頭から激しい戦闘シーンもあり、映像作品として迫力があった。今後も期待のアニメとして注目していきたい。
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/cul/gundam.htm
テレビアニメ「銀魂」(テレビ東京系列)が2009年10月1日放送の第177話「夜の蜘蛛は縁起が悪い」から月詠篇(紅蜘蛛編)に突入した。「銀魂」は週刊少年ジャンプで連載中の人情コメディーを原作とするアニメである。天人(宇宙人)が来襲し、突如価値観が変わってしまった町、江戸を舞台としたSF時代劇である。
今回からオープニングとエンディングの曲と背景映像も一新された。オープニング曲と背景映像は月詠篇にマッチしたものになっている。月詠篇では吉原炎上編に続き、遊郭・吉原が舞台になる。鳳仙から開放された吉原であったが、非合法薬物が蔓延するようになった。主人公・坂田銀時らは日輪からの依頼で薬物売買を仕切っている男に迫る。
吉原炎上編で初登場した人気キャラクター・月詠の再登場が月詠篇の魅力である。月詠は吉原の番人「百華」の頭で、美しい女性ながら顔に傷があり、戦闘は強いクールビューティーである。「わっち」「ぬし」などの廓詞(くるわことば)を使い、ツンツンした性格ながら、過酷な運命にあって日輪を守るという強い思いを抱いている。週刊少年ジャンプで行われた第2回キャラクター人気投票で一躍10位に浮上した事実が月詠の人気を証明する。
その月詠が銀時と二人で潜入捜査を行うことになる。ここでは月詠のクーデレ(普段はクールな性格ながら、親しい相手に可愛らしさ(デレ)を見せる)な性格を垣間見せる。しかも、二人は成り行き上、夫婦を称することになる。
「銀魂」のヒロインは神楽だが、年齢的に恋愛対象になり得ない。ロマンスになるヒロインとして、これまでは志村妙が一番近いポジションにあった。特に紅桜篇での「かわいくねー女」「バカな男(ひと)」は、お互いの気持ちを知りながら素直になれない不器用な恋人同士のやり取りそのものであった。しかし、妙は銀時すらタジタジになるほど凶暴で、ぶっ飛んだ性格を見せることが多く、恋愛対象になりにくい。この点ではクーデレな月詠に軍配が上がる。月詠の過去に迫る月詠篇の今後に期待大である。(林田力)
http://hayariki.net/gintama.html
忍者ブログ [PR]

material by: