忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
大場つぐみ・小畑健『バクマン。 18』は大きく亜城木夢叶と新妻エイジの対決と、平丸一也と蒼樹紅のエピソードの二つの内容が盛り込まれる。前半の漫画対決は邪道の漫画家の王道作品と王道の漫画家の邪道作品というコントラストが効いている。満を持して連載を開始した『RIVERSI』であったが、同じく連載を開始した『ZOMBIE☆GUN』との対決の中で思わぬ弱点が露呈する。

『RIVERSI』の弱点は『バクマン。』の作者の前作品である『DEATH NOTE』に該当する内容である。ヒットした自己の作品を貶めているようにも聞こえるが、それも過去の作品に対する深い愛着があればこその話である。過去の作品への愛着がなければ深い分析はできない。過去の作品の上に現在が成り立っている。

後半は、ほのぼのしたパートである。平丸は当初、印象の薄い暗いキャラクターであったが、今ではギャグパートを代表するキャラクターに成長した。これもキャラクターを使い捨てにせず、積み重ねを大事にしている結果である。作中に登場した創作技法である「一話完結じゃない一話完結」を作品自身が実践している。(林田力)
http://www.hayariki.net/5/22.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

material by: