忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動物愛護政策の類型論
動物愛護政策の類型論「分配政策・規制政策・再分配政策・構成的政策」を検討する。
動物愛護の分配政策には要保護動物の譲渡がある。但し、元々は殺処分される動物を、殺処分を避けるために譲渡するものであり、一般的な財の分配とは異なる側面がある。要保護動物の増加に譲渡が追いつかなくなっており、生体販売の規制などペットショップで動物を安易に購入できないような規制が必要である。また、安易に動物を譲渡に回すようなペット業者や飼い主のモラルハザードを阻止する施策も必要になる。
動物愛護の規制政策には動物愛護法第44条(刑事罰)がある。また、ペット業者への規制がある。新たな規制として生体販売への規制が提言されている。
動物愛護の再配分政策は、飼い主へのペット医療費・ワクチン代・去勢避妊手術代補助がある。しかし、この再配分はペットを飼育しない住民も含めた住民からペット飼い主への再配分であり、コンセンサスは得られにくい。むしろペットを飼育するからには医療費などを負担するだけの意識が求められる、それができない人にペットを飼育する資格はないという見解の方が賛同を得られやすいのではないか。
また、動物愛護センターからの要保護動物の譲渡も、ペットショップからペットを購入できない所得水準の人々に譲渡されるならば再配分政策になる。しかし、要保護動物の譲渡は、虐待防止など譲受人に高い意識と能力を求めるものであり、再配分政策としての運用はコンセンサスが得られないだろう。
動物愛護政策の構成的政策には譲渡を目的とする動物愛護センターの創設(既存の動物愛護センターからの変更)がある。また、取り締まりの実をあげるためのアニマルポリスや通報窓口の創設がある。
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc2
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

material by: