忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中島かずき脚本、相庭健太作画で『まんがタウン』で連載中の漫画『クレヨンしんちゃん SHIN-MEN』第1巻が、11月17日に発売された。『クレヨンしんちゃん』の設定を利用した戦隊物という異色の構成である。
『SHIN-MEN』は臼井儀人の人気漫画『クレヨンしんちゃん』のスピンオフ作品である。異次元の地球を舞台に野原しんのすけをモチーフにした5人の戦隊風ヒーローが、「ぶりぶりざえもん」をモチーフにした悪のTON-MENと戦う。テレビアニメで「クレヨンしんちゃん20周年記念作品」として放映されたものであるが、漫画版はアニメとは独自のストーリーである。
空知英秋の漫画『銀魂』のキャラクターを高校に移した『3年Z組銀八先生』など、キャラクターの性格のみ引き継いで舞台を変えるスピンオフ作品は珍しくない。これらの作品と比べた『SHIN-MEN』の特徴は原作からの独立性が高い点にある。野原ひろしや野原みさえら脇役をモチーフにしたキャラクターも登場するが、存在感は薄い。単なる『クレヨンしんちゃん』のなぞりではない物語の奥行きがある。
原作では5人組のヒーローと言えば、しんのすけを中心に風間トオルや桜田ネネら幼稚園の仲間達で結成する「かすかべ防衛隊」をイメージする。しかし、『SHIN-MEN』では、しんのすけの外見をしたキャラが5人である。そのうちの一人のゴゥは、しんのすけ的なキャラクターであるが、他の4人はユニークである。この巻では5人の各々をフィーチャーする物語が収録されている。
悪役のTON-MENは「ぶりぶりざえもん」をモチーフにした色違いの豚の5人組である。TON-MENは人間を苦しめる存在であるが、一方的に人間を攻撃するだけの存在ではない。人間の醜い感情がTON-MENの攻撃のトリガーになっている。たとえば他人の不幸を喜ぶ人間の感情が大きくなると、人間の流した涙で大洪水を起こすという具合である。
『クレヨンしんちゃん』の映画で名作と名高い『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』では、高度成長期の回顧という大人達の郷愁に付け入れられた。それと同様に人々の意識を風刺する隠れた社会性のある作品になっている。(林田力)
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B001VA125K
林田力 新聞
http://hayariki.net/nikkan.htm
林田力こうして勝った
https://sites.google.com/site/hayariki9/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

material by: