忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『機動戦士ガンダム 0083 ジオンの残光』はOVA『機動戦士ガンダム スターダストメモリー』の劇場版である。キャラクターの絵が劇画チックで固い印象を受ける。ヒロインのニナ・パープルトンがナレーションを担当している点もOVAの筋書きを知っている身には「何だかな」となる。

それでも『ジオンの残光』との副題が『0083』の主題を見事に表している。一年戦争から第二次ネオジオン戦争まで、ジオンは一貫して敵対勢力であった。『機動戦士Zガンダム』では主人公はエゥーゴ(反地球連邦組織)である。

『機動戦士Zガンダム』では一年戦争の好敵手であるアムロ・レイとシャア・アズナブルの共闘も描かれ、一年戦争で解決できなかった地球連邦のスペースノイド支配にメスを入れることが期待された。しかし、結局は地球連邦内でのエゥーゴとティターンズの勢力争いに終始し、エゥーゴは連邦と同化する。そもそも反地球連邦組織と称しながらもエゥーゴのMSはジムの流れをくむもので、連邦のエリート部隊の筈のティターンズのMSがジオン軍的なモノアイ型と倒錯している。

『ガンダム』シリーズの地球連邦対ジオンという構図は正義対悪を意味しない。むしろ、主人公の属する地球連邦の方が抑圧者である。ジオンが連邦の支配から独立を求めることは自然な感情である。『ガンダム』シリーズには主人公勢力と敵勢力が正義対悪に当てはまらないという価値観のギャップが存在する。

『ジオンの残光』も連邦が主人公サイドという枠組みを継承するが、ジオンを英雄的に描き、連邦を卑劣で腐敗した存在とする。連邦の卑劣と腐敗を直視することで、『ガンダム』シリーズの抱えていたフラストレーションを吹き飛ばす効果がある。(林田力)
http://hayariki.net/4/36.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

material by: