忍者ブログ
マンション投資のFJネクストの迷惑勧誘電話被害を取り上げます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)は江東区東陽3丁目でも迷惑マンション「東陽3丁目計画」を建設する。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。江東区東陽1丁目のガーラ・グランディ木場は隣地境界スレスレに高層マンションを建設する。「東陽3丁目計画」は希望のまち東京in東部事務所の南に隣接している。
FJネクストは既存建物の解体工事を2017年10月24日から12月22日まで似予定で実施する。解体工事業者は成美興行株式会社である。FJネクストの解体工事業者選びは問題ある。ガーラ・グランディ木場建設の解体工事業者の環匠(埼玉県川越市)は石巻市アスベスト飛散事故の原因業者である(林田力『FJネクスト迷惑電話』「FJネクストがアスベスト飛散の環匠を解体業者に」)。
環匠は石巻市のアスベスト飛散事故で悪名高い。環匠は宮城県石巻市中央1丁目の旧日の出旅館で解体工事の下請けをしたが、吹き付けアスベストを取り残してした。元請けの菅野工務店は、それに気づかずに解体に入り、発がん性の高いアスベストを飛散させた。解体工事中の2012年8月30日、吹き付けアスベストが散乱していると通報があり、石巻労働基準監督署が現場に急行し、事実を確認して工事を中止させた。
環匠の伊藤基之社長は「外壁の下地に吹き付けがあることは当社でも初めてです」と釈明するが、NPO「東京労働安全衛生センター」の外山尚紀氏は見落としであると批判する。「吹き付けがむき出しのところだけしか見ていなかったことの言い訳をしているだけ」(井部正之「石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故 「特殊事例」として処理したい行政の怠慢(1)」Diamond Online 2012年11月15日)
この石巻市アスベスト飛散事件では石巻市の対応も問題視される。飛散したアスベストの除去工事を、一度失敗した環匠に再度委託した。盗人に追い銭である。
「市が環匠と随意契約したのは10月30日。飛散事故からすでに2ヵ月が経過しており、いまさら緊急性を理由にすることには無理がある。事故後すぐに対応してもらったと言いたいのだろうが、現場に市販の飛散抑制剤をまいて、ブルーシートでおおうだけなら誰にでもできる。それから正規の手続きできちんと発注することは十分できたはずだ」(井部正之「新たな除去工事にも“水増し”と“不適切”疑惑 石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故(3)」 Diamond Online 2012年11月29日)
後始末工事では費用の水増し疑惑が指摘された。また、工事の方法が杜撰であり、再び飛散事故を繰り返す可能性が指摘された(井部正之「後始末工事で再び飛散事故を繰り返す可能性も 石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故(4)」Diamond Online 2012年12月7日)。
「1960年代頃から既に、アスベストが発癌性の有害物質であることは明らかになっていたし、海外ではアスベスト労働者本人だけではなく、衣服に付いたアスベストの粉塵を持ち込まれた家族にまで悪性中皮種が発生した死亡記録が多数出ていたのです。即ちその毒性は半世紀以上も前から知られていた訳です。それらを知りながら、のらりくらりと一部修正で誤魔化し、隠蔽し続けてきた」(亀石征一郎『白神の老殺し屋 マタギVSエイリアン』(明窓出版、2016年、231頁)
PR
天王寺大著、渡辺みちお画『白竜HADOU(4)』(ニチブンコミックス、2017年)は「暴力市場」編が完結し、「神の調合師」編が始まる。「暴力市場」編は中央卸売市場の豊洲移転が下敷きになる。本作品での市場移転先は豊波である。盛り土がなされていないなど現実とリンクしている。
『白竜』は暴力団による東急電鉄株買い占めなど現実の事件を下敷きにすることが多い(林田力「『白竜LEGEND』第19巻、愚連隊は敵役としても力不足」リアルライブ2011年10月27日)。但し、今回の話で登場する東京都知事は男性であり、小池百合子知事がモデルではない。石原慎太郎や内田ドン的な利権政治家である。小池百合子東京都知事は白竜の世界でもヒールにはなりにくいだろう。
恐ろしい点は市場移転の狙いである。汚染地に移転することで継続的に汚染対策の追加工事が必要になる。それによって建設業者は継続的に受注し、利益を得る。箱モノの建設では最初に建設すれば終わりであるが、汚染対策は継続的な利権になる。土建国家の恐ろしさを感じた。
「食品を扱う市場に安心安全を確保する」とのスローガンが追加工事を正当化し、土建利権を太らせる。現実の移転反対派は土壌汚染の問題を声高に叫び、風評被害さえ起こしているが、本書の設定では、それも追加工事の追い風になり、土建利権に踊らせている結果になる。
興味深いことで本書の設定では盛り土がなされていたならば汚染物質が上がってくることはなく、汚染対策は問題なかったとする。それでは追加工事はなされず、土建利権にとって旨みがないために、あえて盛り土を行わなかった。
現実の移転賛成派は盛り土がなされない事実が判明されたら、盛り土がなくても安全と主張した。逆に伝統的な移転反対派は元来の盛り土の対策をした移転案の時点で反対しており、盛り土がなされないから駄目という論理ではない。どちらも盛り土は本質的な問題ではなくなるが、本書では重要な対策になっている。
「神の調合師」編は日本人技術者の海外企業への引き抜きである。白竜は韓国企業のエージェントとなり、引き抜きを進める側で動く。日本人技術者の海外企業への流出は「国益」という観点では好ましくないとされるが、個々の技術者にとって何が幸福かが重要である。滅私奉公を要求するようなものであってはならない。白竜はシノギのために行動するが、正義感を持っており、巨悪を叩く結果になることが本作品の魅力である。海外企業への引き抜きと正義感がどのように両立するか注目である。
本書の韓国企業は明らかにサムスンをモデルとしているが、白竜に対して真摯に対応している。これまでの話で多くの日本企業の経営者が白竜に無礼な態度をとったこととは対照的である。白竜に無礼な態度をとり、痛い目に遭った経営者もいる。また、本書の韓国企業は日本市場の官僚主導体質も批判している。この点も引き抜きに感情移入したくなる。
東京都江東区は自動車の「ご当地ナンバー」として、江東ナンバーの申請を検討する。東京五輪・パラリンピックに向けた地域の魅力づくりの一環として、「江東区図柄入り新ナンバープレート導入検討委員会」を2017年7月に設置した。区民まつりの会場や、区のホームページなどで意見を募り、可否を判断する(「「江東」ナンバー、区民賛成なら国交省に申請へ」読売新聞2017年9月21日)。
江東区は江東ナンバーの導入目的を「知名度アップや地域の一体感、区への愛着心の醸成」とする(「「江東」ナンバーの申請検討」日本経済新聞2017年9月22日)。これは経済効果という怪しげな目的と比べて真っ当な目的である。
但し、報道は「江東区は近隣の区と連携し「湾岸」などのナンバー導入を検討したが、調整がつかず断念した経緯がある」と伝えている。これは区の知名度アップと矛盾している。「足立ナンバーから抜け出せるならば何でも良い」が本音ではないかと邪推したくなる。
湾岸ナンバーを断念したことは喜ばしい。湾岸ナンバーは暴走族を誘引しかねないという問題がある。また、北部の住民にとっては馴染みの薄いもので、地域愛を持ちようがなくなる。
東京都区部の「ご当地ナンバー」は2014年に「世田谷」と「杉並」で導入された。世田谷区では裁判が起きるほど反対意見が起きた。これに対して杉並の反発は聞かない。ここには品川ナンバーから変わる世田谷と、練馬ナンバーから変わる杉並区の違いがあると分析される。江東区は杉並区と同じパターンであり、反発は少ないと予想される。
但し、世田谷で起きた反対意見は江東ナンバーを進める上でも検討する価値がある。プライバシー侵害や犯罪に巻き込まれる危険という反対は全ての「ご当地ナンバー」に該当する。しかし、車が犯罪に使われることも多く、ナンバーで管理することは自動車保有者の制約と評価できる。世田谷区は2013年7月26日の「ご当地ナンバー(第2弾)審査会」でマナーの向上も効果にあげている。
世田谷ナンバー反対派は区民対象のアンケートで不正が行われたとも主張する。回答者の年齢構成が実際の人口比と隔たりがあるなどとする。江東区も区民の意見を募るとするが、区役所が意見を収集しやすい町会役員など高齢者に偏るシルバーデモクラシーにならない配慮が求められる。
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕
http://book.geocities.jp/hedomura/
FJネクストお知らせに釣られるな。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設は消費者や住民の要請と対峙する姿勢が圧倒的に欠けている。FJネクスト迷惑勧誘電話には一片の説得力さえ存在しない。ワンルームマンション投資は下品な時代錯誤である。
マンション投資は独楽のようなものである。独楽は、いつまでも回り続けることはできない。止まると倒れる。いつまでも転がる独楽としてあり続けることは原理的に不可能である。現実を分かっている人はワンルームマンション投資で誇大妄想しない。マンション投資は精神を不自由にする。マンション投資は精神的な慢性胃腸炎を抱えながら生きることになる。
FJネクスト迷惑勧誘電話の社会的な常識の欠如を嘆く声は大きい。FJネクスト迷惑勧誘電話はマスターベーションに過ぎない。FJネクスト迷惑勧誘電話は自惚れにもほどがある。FJネクスト迷惑勧誘電話と舛添要一の共通点は、頑迷固陋であることである。商売だから仕方がないでは済まされない。ワンルームマンション勧誘電話は禁止が適当である。

動物愛護政策の類型論
動物愛護政策の類型論「分配政策・規制政策・再分配政策・構成的政策」を検討する。
動物愛護の分配政策には要保護動物の譲渡がある。但し、元々は殺処分される動物を、殺処分を避けるために譲渡するものであり、一般的な財の分配とは異なる側面がある。要保護動物の増加に譲渡が追いつかなくなっており、生体販売の規制などペットショップで動物を安易に購入できないような規制が必要である。また、安易に動物を譲渡に回すようなペット業者や飼い主のモラルハザードを阻止する施策も必要になる。
動物愛護の規制政策には動物愛護法第44条(刑事罰)がある。また、ペット業者への規制がある。新たな規制として生体販売への規制が提言されている。
動物愛護の再配分政策は、飼い主へのペット医療費・ワクチン代・去勢避妊手術代補助がある。しかし、この再配分はペットを飼育しない住民も含めた住民からペット飼い主への再配分であり、コンセンサスは得られにくい。むしろペットを飼育するからには医療費などを負担するだけの意識が求められる、それができない人にペットを飼育する資格はないという見解の方が賛同を得られやすいのではないか。
また、動物愛護センターからの要保護動物の譲渡も、ペットショップからペットを購入できない所得水準の人々に譲渡されるならば再配分政策になる。しかし、要保護動物の譲渡は、虐待防止など譲受人に高い意識と能力を求めるものであり、再配分政策としての運用はコンセンサスが得られないだろう。
動物愛護政策の構成的政策には譲渡を目的とする動物愛護センターの創設(既存の動物愛護センターからの変更)がある。また、取り締まりの実をあげるためのアニマルポリスや通報窓口の創設がある。
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc2
FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。
FJネクスト不買運動は呼吸し、鼓動を打つ。FJネクスト不買運動に接すると清々しさが体全体を覆う。FJネクスト不買運動には不思議な美学が漂っている。
君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。ガーラ・グランディ木場は樹木を伐採し、自然を破壊した。「一本の木を切るのは、人の腕一本を斬るに等しい」(亀石征一郎『白神の老殺し屋 マタギVSエイリアン』(明窓出版、2016年、364頁)。
忍者ブログ [PR]

material by: